JR片町線総合ナビ

JR片町線(学研都市線)駅歴史情報一覧



JR片町線放出駅紹介

1999年頃から旧駅舎の老朽化と放出駅周辺の再開発計画に伴い、駅舎のリニューアル工事を実施し、2002年に橋上駅舎として新装オープンした。これに併せて南北自由通路が設けられ、それまでほとんど更地であった駅南側は整備・開発され、現在は分譲マンションが建ち並ぶようになった。また、旧駅舎は取り壊され、その跡地には2004年5月にテナントビルをオープンさせている。2008年12月には、ホームに待合室(1・2番のりばは鴫野方、3・4番のりばは徳庵方に)が設置された。

JR片町線放出駅の年号

1895年(明治28年)8月22日 - 浪速鉄道が四条畷駅 - 片町駅間で開業した際に設置。
1897年(明治30年)2月9日 - 浪速鉄道が関西鉄道に路線譲渡。同社の駅になる。
1898年(明治31年)11月18日 - 放出駅から網島駅までが開業。綱島方が本線扱いとなり、当駅 - 片町駅間は貨物支線となる。
1905年(明治38年)1月1日 - 貨物支線となっていた当駅 - 片町駅間の旅客営業再開。
1907年(明治40年)10月1日 - 鉄道国有法により国有鉄道の駅になる。
1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。放出駅を含む木津駅 - 桜ノ宮駅間が桜ノ宮線となり当駅もその所属となる。また、放出駅 - 片町駅間は片町線となる。
1913年(大正2年)11月15日 - 桜ノ宮線 当駅 - 桜ノ宮駅間廃止。同時に桜ノ宮線の残存区間は片町線に編入される。
1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
1988年(昭和63年)3月13日 - 路線愛称の制定により、片町線で「学研都市線」の愛称を使用開始。
2002年(平成14年)7月1日 - 橋上駅舎化。併せて南北自由通路の開設により、南側にも出口を設ける。
2003年(平成15年)
日付不明 - 橋上駅舎が鉄道建築協会賞(入選)を受賞。
11月1日 - ICカード「ICOCA」の利用が可能となる。
2008年(平成20年)3月15日 - おおさか東線の放出駅 - 久宝寺駅間が部分開業し、乗換駅になる。
これによるダイヤ改正に伴い、新設された直通快速の停車駅となる。
同時に管理駅に昇格(それまでは四条畷駅の被管理駅であった)。
2011年(平成23年)3月8日 - JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム導入。接近メロディ導入。
2012年(平成24年)10月29日 - 自動改札機をJR西日本テクシア製、AG50型に交換。
2018年(平成30年)3月17日 - 駅ナンバリングが導入され、使用を開始する予定。
2019年(平成31年)春 - おおさか東線の当駅 - 新大阪駅間が開業予定。

JR片町線(学研都市線)JR片町線(学研都市線)線駅歴史一覧

JR西日本旅客鉄道 JR片町線(学研都市線) 木 津駅 - 西木津駅 - 祝園駅 - 下狛駅 - JR三山木 - 同志社前駅
京田辺駅 - 大住駅 - 松井山手駅 - 長尾駅 - 藤阪駅 - 津田駅 - 河内磐船 - 星田駅 - 東寝屋川駅
忍ヶ丘駅 - 四条畷駅 - 野崎駅 - 鴻池新田駅 - 徳庵駅 - 鴫野駅 - 京橋駅

JR片町線(学研都市線)JR片町線(学研都市線)線駅一覧

JR西日本旅客鉄道 JR片町線(学研都市線) 木 津駅 - 西木津駅 - 祝園駅 - 下狛駅 - JR三山木 - 同志社前駅
京田辺駅 - 大住駅 - 松井山手駅 - 長尾駅 - 藤阪駅 - 津田駅 - 河内磐船 - 星田駅 - 東寝屋川駅
忍ヶ丘駅 - 四条畷駅 - 野崎駅 - 鴻池新田駅 - 徳庵駅 - 放出駅 - 鴫野駅 - 京橋駅

JR片町線(学研都市線)不動産のアイコンJR片町線(学研都市線)沿線不動産情報

  • JR片町線(学研都市線)京田辺駅 IRORIE 部屋番号 403 JR片町線(学研都市線)京田辺駅 IRORIE 部屋番号 403
    10万円
    京田辺市田辺沓脱41

    JR片町線京田辺駅
Fudousan Plugin Ver.1.6.8