JR片町線(学研都市線 木津−京橋)

language

JR片町線(学研都市線 木津−京橋)

JR片町線(学研都市線)JR大住駅(京都府京田辺市)の駅歴史情報

JR片町線(学研都市線)JR大住駅 おおすみ ŌSUMI




JR片町線(学研都市線)JR大住駅紹介

JR片町線(学研都市線)大住駅(おおすみえき)は、相対式ホーム2面2線を有する地上駅。2002年(平成14年)3月23日の改正で2面2線に拡張され、7両編成までが停車・行き違いの可能な有人駅となった。
以前は、単式ホーム1面1線で4両分であった。かつて無人駅だったが、現在は有人駅である。

駅業務は、株式会社ジェイアール西日本交通サービスに委託している。駅員の配置は8時 – 18時40分であるが、窓口閉鎖時間が設定されている(平成30年2月1日より、11時20分 – 12時10分・14時 – 16時40分)また、早朝と夜間は無人となる。管理は長尾駅が行っている。不在時はインターホンでコールセンターでの対応となる。

駅舎は1番のりば側にあり、自動券売機(1台)・自動改札機(2台)・ICOCA入金機(1台)いずれも簡易タイプを設置。また、みどりの窓口の設置もなく、窓口での発券はPOS端末で行う。2番のりばとは跨線橋で結ばれている。




JR片町線(学研都市線)JR大住駅の年号

1952年(昭和27年)12月1日 – 日本国有鉄道片町線の田辺駅(現在の京田辺駅) – 長尾駅間に新設開業。1面1線の無人駅。

1987年(昭和62年)4月1日 – 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。

1988年(昭和63年)3月13日 – 路線愛称の制定により、「学研都市線」の愛称を使用開始。

2002年(平成14年)3月23日 – 1面1線の棒線駅から2面2線の行き違い可能駅に拡張。有人駅になる。

2003年(平成15年)11月1日 – ICカード「ICOCA」の利用が可能となる。

2018年(平成30年)3月17日 – 駅ナンバリングが導入され、使用を開始する予定。




JR片町線(学研都市線)JR片町線(学研都市線)線駅歴史一覧

JR西日本旅客鉄道 JR片町線(学研都市線) 木 津駅西木津駅祝園駅下狛駅JR三山木同志社前駅
京田辺駅大住駅松井山手駅長尾駅藤阪駅津田駅河内磐船星田駅寝屋川公園駅
忍ヶ丘駅四条畷駅野崎駅鴻池新田駅徳庵駅鴫野駅京橋駅

JR片町線(学研都市線)線駅一覧

JR西日本旅客鉄道 JR片町線(学研都市線) 木 津駅西木津駅祝園駅下狛駅JR三山木同志社前駅
京田辺駅大住駅松井山手駅長尾駅藤阪駅津田駅河内磐船星田駅寝屋川公園駅
忍ヶ丘駅四条畷駅野崎駅鴻池新田駅徳庵駅鴫野駅京橋駅