JR片町線(学研都市線 木津−京橋)

language

JR片町線(学研都市線 木津−京橋)

JR片町線(学研都市線)JR下狛駅(京都府精華町)の駅歴史情報

JR片町線(学研都市線)下狛駅 しもこま SHIMOKOMA




JR片町線(学研都市線)JR下狛駅紹介

JR片町線(学研都市線)下狛駅(しもこまえき)は、京都府相楽郡精華町大字下狛小字下新庄にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)片町線(学研都市線)の駅である。
下狛駅の構造は京橋方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅。このため、木津方面行きと四条畷・京橋方面行きの双方向が同一ホームに停車する。ホームの長さは4両分のみであったが、2010年(平成22年)3月13日からは木津駅 – 京田辺駅間でも7両編成が乗り入れ、木津方にホームを延長した。
長尾駅管理の無人駅で駅舎はなく、ホーム南端に屋根が設けられている。この屋根もホーム延長に伴い一旦取り壊し、延伸部の南端に新築した。ホーム中程にも階段があり、出入場できる。
ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)で、自動券売機および簡易式の自動改札機を設置している。




JR片町線(学研都市線)祝園駅の年号

1952年(昭和27年)12月1日 – 日本国有鉄道片町線の祝園駅 – 田辺駅(現在の京田辺駅)間に新設開業(隣の上田辺駅、現在のJR三山木駅も同日開業)。

1987年(昭和62年)4月1日 – 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。

1988年(昭和63年)3月13日 – 路線愛称の制定により、「学研都市線」の愛称を使用開始。

2003年(平成15年)11月1日 – ICカード「ICOCA」の利用が可能となる。

2010年(平成22年)3月13日 – 7両編成での運転を開始。これに伴いホームを7両編成対応に延長。

2018年(平成30年)3月17日 – 駅ナンバリングが導入され、使用を開始する予定。




JR片町線(学研都市線)JR片町線(学研都市線)線駅歴史一覧

JR西日本旅客鉄道 JR片町線(学研都市線) 木 津駅西木津駅祝園駅下狛駅JR三山木同志社前駅
京田辺駅大住駅松井山手駅長尾駅藤阪駅津田駅河内磐船星田駅寝屋川公園駅
忍ヶ丘駅四条畷駅野崎駅鴻池新田駅徳庵駅鴫野駅京橋駅

JR片町線(学研都市線)線駅一覧

JR西日本旅客鉄道 JR片町線(学研都市線) 木 津駅西木津駅祝園駅下狛駅JR三山木同志社前駅
京田辺駅大住駅松井山手駅長尾駅藤阪駅津田駅河内磐船星田駅寝屋川公園駅
忍ヶ丘駅四条畷駅野崎駅鴻池新田駅徳庵駅鴫野駅京橋駅